本文へスキップ

ノッシー企画/CarBaetは埼玉県吉川市で日本初でありながら日本発の情報発信を目指します。

TEL. 048-983-6080

〒342-0041 埼玉県吉川市保780-17

カービートについて(電子本カービート)



特許技術の電子本のカービートは?


1976年に雑誌として登場したカービート。弊社ノッシー企画の代表である太田政克が内外出版社の出身という縁で、カービートの発刊者でもあり内外出版社の役員もしていたこともあるカービート社の新名満弘氏(故人)を、内外出版社のOBから紹介を受けました。そして、ノッシー企画が東京事務所を開設している際に新名氏と仕事を一緒に行う機会があり、新名氏が他界された後に新名氏の奥様よりカービートという雑誌を受け継ぐことに、ブイアールフォトの協力のもと、電子本として復活することになりました。
 カービートは、自動車雑誌などで活躍しているノッシーが過去の制作した記事や雑誌として発刊されていたカービートの記事、今話題の車情報など多岐にわたって紹介しております。また、メンテナンス雑誌などでもお馴染みのRJC会員である青池 武 氏の鋭い目線で切った現在のクルマ事情レポートも連載して頂き、さらに弊社の代表でありながら電子本カービートの編集長、RJCのメンバーの太田政克が、今までのクルマ雑誌では決して味わえない、電子マガジンならではの内容となっています。購入につきましては、弊社また取扱店や本屋さんなどでご相談下さい。カービートvol.1〜10はこちらです。
 また新たに、電子本カービートのCDを出していきます。何卒、宜しくお願い致します。
カービートはCD版やDVD版はこちらのお店などでも、購入可能です。詳細は「CONTACT US」のより、御確認をお願い致します。<臨時増刊号・コミックスはココ>



本誌内容はこちらになります
電子本.comストリーミング価格
        発売未定
CD版価格
        1000円+税
 
 本誌内容はこちらになります
電子本.comストリーミング価格
        発売未定
CD版価格
        1000円+税
電子本 カービート vol.11   電子本 カービート vol.12 

 なぜ熱狂したのか?を探るべく、まずは名車とされるボルボ850に着目。
 850は、どんなクルマで、どんな魅力を持っていたのか? これから持ち続けるためには、どんなことが必要なのか? を改めてチェックした。また最近のボルボV70やV60のステアリングを握って乗り味を確かめ、 新旧の差を確認して、意外な発見を得ることができた。
 今回の特別特集では、前RJCの会長の鈴木五郎氏の「馬力について考える」やスーパー耐久の女性パイロットである咲川めりさんの今の心境を語るレポート、 谷田部で300Km/hオーバーで走ったローターリーの貴公子でありながら、元ZIGGYのドラムの大沼真樹 氏のメッセージなど掲載しており、クルマ好きにとっては興味深いものが盛りたくさん含めれている。
 vol.11を迎えることによって、新生カービートを予感させる興味深い記事が盛りだくさんになっているのが特徴的であり、読みごたえのあるカービートとなっている。

 

 カービートがチャレンジした勉強会。どうして勉強会を始めたのか?なぜクルマ文化を盛り上げるために動いたのか?などを、せきららに紹介。
 くわえて2013年次RJCカーオブザイヤーの選考会の事前説明会から密着取材を行い、どんなカタチで、どのような雰囲気で、クルマが選らばられたの か? さらにはRJCの史上初であったBMW3シリーズとフォルクスワーゲンup!の同時受賞の事情や、三菱ふそうのキャンターエコハイブリッドに搭載されたト ランスミッションがRJCの特別賞に輝いた訳など、RJCの選考員でも興味を持つ内容が盛たくさん。今まで自動車メディアが伝えてこなかった情報が、このカービートに詰まっているのである。
 クルマ好きな人であれば、絶対に見逃せない情報が満載のカービートvol.12。将来のモータージャーナリストを目指す人には、必見なのである。



本誌内容はこちらになります
電子本.comストリーミング価格
        発売未定
CD版価格
        1000円+税
   
本誌内容はこちらになります
電子本.comストリーミング価格
        発売未定
CD版価格
        1000円+税
電子本 カービート vol.13   電子本 カービート vol.14 

 クルマは、日本にとって基幹産業である。その基幹産業であるクルマ産業が、どんどんと衰退していっている。それと同時に日本の勢いも失い、今やGDP3位へ 低落。さらに加速度的にその差は、広がっている。日本を元気にするため、それはクルマ産業を盛り上げること。そのために、我々が何をできるのか? また今、どんな状況にあるのか? 把握しなければならない。この号では日本の状況を主眼に置きながら、今現在、日本に置かれている立場や行動しなければならない課題を考えながら、いかにクルマ文化を盛り上げてい くか?をテーマにした記事が盛りだくさん。久々に不定期連載のギャランΣの電気自動車計画などを復活させ、これから電気自動車の未来について考えたり、 JAIAの試乗会に行ってマレーシア製のプロトンなどに乗ってみて、日本車の状況を比較するなど、今までと違った内容の濃い話題性に富んだカービートに なっている。
 もちろん今号からカービート副編集長に就任した大沼氏も、スーパー耐久女性パイロットの咲川めりさんの記事も掲載されている。

 

 カービートがチャレンジしてきた勉強会。今度は、平成立志社の中村崇さんたちとともに、「ピカピカのクルマ at 希望日本」というタイトルで行った。講師は、電気自動車のコンバートで実績のあるOZコーポレーションの古川氏。勉強会の内容も今まで以上にして、参加し ている方々は「とても勉強になった」と喜んで頂いた。また勉強会では、咲川めりさんがレーシングスーツを着て皆さんに披露して大人気に…。
 勉強会に関連して、この号では電気自動車関連の特集記事を設け、「クルマ文化で日本を救うための方策」をカービートなりに提案。そのため、平成立志社の 中村崇さんの第3回目の連載企画も電気関連記事に特化し、中村崇さんの心の声を皆さんに聞いて頂く。
 さらに、前回紹介しきれなかった最近の試乗会へ行って乗ってきた新型などのインプレッションを、一挙に紹介。今までの号より、一段とパワーアップしてい るだけに電子本でありながら大変に読みごたいがあって、興味深いきじだらけというものに仕上がっている。



本誌内容はこちらになります
電子本.comストリーミング価格
        発売未定
CD版価格
        1000円+税

 
本誌内容はこちらになります
電子本.comストリーミング価格
        発売未定
CD版価格
        1000円+税
電子本 カービート vol.15   電子本 カービート vol.16 

 カービートして、クルマ文化を盛り上げる活動をしてきた。そこに新たな執筆者もくわわり、カービートで応援している咲川めりさんも、スーパー耐久レースに参加して、とうとう表彰台に上るレーサーにも成長した。
 ノスタルジックカーショー実行委員会とも提携し、カービートの勉強会を行うなど、電子本カービートとして始めて以来、これまでチャレンジをしてきた。
 「クルマが元気になれば、日本が元気になる。クルマ文化が盛り上がれば、希望あふれる日本ができる」ということをテーマにして、カービートはクルマ文化を盛り上げる…1980年代のクルマたちが、なぜ日本を元気にしてきたのか?も含めて、1980年代のカービートのバックナンバーから、元気ある1980年代のクルマの秘密を探るものとした。
 コレを読めば、たんなる「若者のクルマ離れ」という言葉で解決するのではなく、いかに「大人の手抜き」が若者の希望を奪ってきたのか?を読み取り、理解することができるばす。カービートとしては、オススメな制作物に仕上がっていると自負している。

 

 カービートとして講談社のベストカーはじめ、様々なところとコラボをし、またカービートを応援して頂いている方々の協力の末に出来あがったカービートの節目の号。
 アメリカへ行った取材の時の話や、カービートがスカイラインのイベントにコラボ参戦した時の話、そして年末にかけてベストカーとカービートの仲間たちが結集して、ベストカークラシック OLD is NEWを作成して、世の中に発表した話など盛りだくさん。
 新たにくわわった新人作家のむらっちさんや、ルポライターを目指す堀 洋一さんをはじめ、カービートが三本和彦さんなどをはじめするプロを目指すライターやルポライターなどが登竜門として著名な世界へと歩んでいったように、再び電子本のカービートから排出できるよう、誌面でも紹介した。
 また編集統括を務めるノッシーの誕生日とノッシー企画が設立して10年を迎える年である新たな出発点として、これからカービート方向性と運命を予感させるような内容となっており、きっとクルマ好きな人にとって新世界を感じることであろうと思われる号である。



本誌内容はこちらになります

電子本.comストリーミング価格
        発売未定
CD版価格
        1000円+税
 
本誌内容はこちらになります

電子本.comストリーミング価格
        発売未定
CD版価格
        1000円+税
電子本 カービート vol.17   電子本 カービート vol.18 

 カーピートの新境地を求めて、輸入車の乗り比べてを敢行。どこのクルマ雑誌に掲載されていないような、各々の弱点や長所などをあぶり出す。新しくカービートに参加してくれた特派員などにより、今までなかった記事も掲載しており、押しかけガレージ訪問などにもチャレンジした。
 くわえて若者就職実態を知るため、プロジェクトYOSHIKAWAでは大学生生協の会場を取材し、意識調査を状況を確認。そこでカービートが行おうとしている、クルマ業界に特化した就活予備校を立ち上げるための手掛かりを見つけた。
 新たなカービートを感じさせるような記事と今後の活動の指針を示すような内容ばかりであるため、必見の一冊になりそうである。

 

 カービートを応援しくれる仲間によって、つくられたページで構成されているvol.18。カービート・ジャパンを臨時増刊号として輩出した次号として登場。
 カービート・ジャパンと差別化を図るため、カービート誌はクルマ好きな人たちのため、カービート・ジャパンはクルマにこだわって生きている人のために…意味合いを持たせた一冊である。
 これまでカービートの編集長の役割を行っていたノッシーはvol.20にて、次の編集長を指名した。ノッシーは引退をするのではなく、新たな道を模索するのだ。
 「クルマが元気になれば日本が元気になる。クルマ文化が盛り上がれば希望あふれる日本ができる」ために…カービートは、何ができるのかを問いかけるためにも、このvol.18の意味合いはカービートにとって、深いものがある。

 そう思って頂き、カービート・ファンの皆さんは、新たな風を読んで頂きたいと思うばかりである。



「電子本 カービート」は埼玉県吉川市の町おこしのために「プロジェクト吉川」をテーマに活動しております

バナースペース

ノッシー企画/CarBaet

〒342-0041
埼玉県吉川市保780-17

TEL 048-983-6080
nosshykikaku@nosshycompany.co.jp



★「趣味車生活」つきまして

お求めは各書店さん、近くの本屋さんで販売しております。もし売切れの場合には、各書店さん、近くの本屋さんなどでお問い合わせの上、ご購入下さい。